ふるさと納税で馬や子どもを応援!(2,000円の負担で、それ以上の支援になります)

さんこまラジオ004 牧場経営とサブスク、馬×パン×福祉、ふるさと納税の活用など(馬ルームvol.3(全3回))

コラム

2021年3月18日にClubhouse(音声SNS)の馬ルームに呼ばれて話した内容の最終回(第3回目)です。

馬ルームvol.3の内容

  • ゼロ村パカラッチョの経営について
  • サブスクが重要(月額定額制)
    • 三陸駒舎の今後のビジョンについて
  • パン×馬×福祉事業
    • 釜石市ふるさと納税の活用
    • 馬との暮らしと移住
    • 不登校の子どもと馬
004 牧場経営とサブスク、馬×パン×福祉、ふるさと納税の活用など(馬ルームvol.3) by さんこまラジオ 〜ホースセラピー、馬との暮らし、子どもとの関わり方などを三陸駒舎の現場から届けます〜
2021年3月18日にClubhouse(音声SNS)の馬ルームに呼ばれて話した内容の最終回(第3回目)です。 馬ルームvol.3のトピックス ▼ゼロ村パカラッチョの経営について - サブスクが重要(月額定額制) ▼三陸駒舎の今後のビジョンについて - パン×馬×福祉事業 ▼釜石市ふるさと納税の活用 ▼馬との暮らしと移...

今回Clubhouseでご一緒したのは、次の馬好きのお二方です。


「さんこまラジオ」への、ご質問やご感想、今後取り上げて欲しいテーマなどをコチラ↓で募集しています。

匿名で聞けちゃう!きびはら@馬と古民家で暮らし、子どもにホースセラピーをさんの質問箱です
ホースセラピーを被災地の子どもに届けるために2015年に三陸駒舎を設立。築95年の古民家で馬3頭と暮らす。2017年、障がいのある子どもの事業も開始。現在、市内や沿岸市町村から、遠くは片道1時間半かけて毎月延200名の子どもが来ています。かつて馬と暮らしていた古民家をボランティアと再生し、拠点にしています。

さんこまラジオは、こちらでも、お聴きいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました