ホースセラピー勉強会4/5(日)の参加者を募集しています!

三陸駒舎とは

全国で教育的な牧場を経営する寄田と復興まちづくりに携わる黍原を中心に2015年4月に設立。 築90年の古民家「南部曲り家」を拠点に、馬と共に暮らす地域文化を再生します。 馬との暮らしをベースにしたエコツーリズムやホースセラピーなど新たな仕事を起こし、誰もが心豊かに過ごすことのできる持続可能な地域の未来をひらきます。 釜石市や地域の方々、首都圏サポーターなどと連携して事業を展開。 2017年の年末より障害児を対象とした児童発達支援・放課後等デイサービスも開始。

三陸駒舎設立の思い (共同設立者 黍原 豊)

被災地の子どもと馬との出会い

私が今の活動を始めたきっかけは、東日本大震災で被災した子ども達と出会ったことです。仮設住宅に住む子ども達は感情を抑え込みながら日々過ごしていました。仮設住宅に馬を連れていったところ、子ども達は馬と出会うと瞬く間に元気な姿に変わっていきました。これまで、10年以上子ども達の育成に関わってきましたが、正直この時「馬に負けた。子ども達の心の復興は馬に頼った方がいい」と感じました。

さらに地域の大人達は馬が突然居ても、びっくりすることもなく、「懐かしいねぇ」と言ってくれて、昔馬と一緒に暮らしていたときのことを話してくれたのです。馬が地域に居れば、子どもも大人も元気になり、地域の文化を次世代に手渡していくことができると確信し、馬との暮らしの場を再生させようと三陸駒舎を立ち上げました。

もっと多くの子ども達に馬の力を

これまで、数多くの地域の方や行政、首都圏などのサポーターなどに支えられながら、築90年の馬と暮らしてきた古民家を再生し、2019年は延900名以上の子どもや親子にホースセラピーを届けられるようになりました。

さらに、2017年12月から開始した障がい児対象のセラピーの事業も、保護者や専門家などの後押しを受けながら、毎月利用者が増えています。
利用された方々からは、
「子どもが自ら進んで『やりたい』と思える温かい雰囲気」
「子ども一人ひとりに合わせた対応をしてもらえる」
「子どもの主体性を尊重した環境がある」
といった声をいただいており、この事業を通して、地域にお役に立つことが出来ていると感じています。

東日本大震災から8年以上が経ちましたが、岩手沿岸では、ケアの必要な子ども達は約3,000人いると県教育委員会が報告しています。また、震災後に生まれた子ども達についても、親のストレスの影響から落ち着きがない、発達に遅れがあるという調査結果が文科省の研究班から示されています。

地域で子ども支援をされている方からも、地域で困難を抱えている子どもやその親は、震災から時間が経つにつれて、増えているという実感があると聞いています。

今後も地域内外の方々からご支援をいただきながら、「もっと多くの子どもたちに馬の力を届けていきたい」と考えています。

馬の可能性と豊かな社会づくり

こうして馬と深く関わるようになって、現代社会が抱える様々な課題〜虐待、うう、自殺、地方衰退などを解決する可能性を馬が持っていると感じています。

近年、子どもが犠牲となる虐待事件が報道されていますが、虐待を受けて命があっても、その後トラウマなどで苦しむ子ども達はたくさんいます。ホースセラピーはそのような子どもだけではなく大人の心のケアにも非常に有効といわれています。

また、馬と共にある暮らしを取り戻していく過程で、その周辺に新たな仕事が生まれ、持続可能な地域づくりの一助となります。

馬の力を被災地のみならず、全国の子ども達の未来のために広げていきたいと考えております。

関連資料など

タイトルとURLをコピーしました