馬の力に頼りながら、子どもの成長を支援する ホースセラピーのスタッフ募集(経験不問)

ポッドキャスト「さんこまラジオ」を始めました

コラム

三陸駒舎のきびはらが、ホースセラピーや馬との暮らし、子どもとの関わり方、馬と地域づくり等、岩手県釜石市の山村集落での取り組みや感じたことをお伝えしていきます。

以下をクリックしてご視聴下さい。(週1回ぐらいの更新を予定)

初回は、三陸駒舎はどんな場所で活動しているのか、どんな動物と一緒に暮らしているのか、実際に現場で動きながら収録しました。

2回目以降は、3/18(木)にClubhouse(音声SNS)の馬ルームに呼ばれて話した内容を数回に分けてお送りします。何でセラピーをやる上で馬を選択したのか、馬の事業を立ち上げる壁など、ざっくばらんに話をしています。

「さんこまラジオ」への、ご質問やご感想、今後取り上げて欲しいテーマなどをコチラ↓で募集しています。

匿名で聞けちゃう!きびはら@馬と古民家で暮らし、子どもにホースセラピーをさんの質問箱です
ホースセラピーを被災地の子どもに届けるために2015年に三陸駒舎を設立。築95年の古民家で馬3頭と暮らす。2017年、障がいのある子どもの事業も開始。現在、市内や沿岸市町村から、遠くは片道1時間半かけて毎月延200名の子どもが来ています。かつて馬と暮らしていた古民家をボランティアと再生し、拠点にしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました